おすすめ映画
海外ドラマ「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」シーズン2 あらすじ&感想 ジェイディス、ジェンナー博士登場!

こんにちは、海外ドラマ大好き歴約20年のハムティティです。

今回はAmazonプライムビデオにて配信されている、「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」シーズン2を紹介します。

前回までのワールドビヨンドは、市民共同体側は優秀な人材としてホープを研究施設に連れていく。

市民共同体側はアイリスの力にまだ気づいていない。

ハックは裏切り者としてホープらから白い目で見られていた。

ネタバレあります

「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」はこんな人にオススメ

・ウォーキングデッドシリーズを観ていた

・ゾンビモノが好き

・ハラハラドキドキしたい

・ゾンビ世界でのゾンビ対策や解決策を知りたい

「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」のキャスト

・アイリス・ベネット

キャンパス・コロニーに住んでいた女子高校生、生徒会長

科学者を目指している

真面目な性格

・ホープ・ベネット

アイリスの妹、女子高校生

姉とは正反対に不真面目タイプ

子供の頃エルトンの母を殺してしまった

・エルトン・オーティス

姉妹の友人の男子高校生

・サイラス・プラスケット

姉妹の友人の男子高校生

・エリザベス・クーブリック

市民共同体軍中佐

・フェリックス・カールッチ

キャンパス・コロニー警備隊員

姉妹の父親から二人を守ってくれと頼まれていた

ゲイ

・ハック

街からキャンパス・コロニーに逃れてきた警備隊員

エリザベスの娘

・ジェイディス

本家「ウォーキングデッド」でリックをヘリに乗せ姿を消していた

市民共同体の准士官

「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」シーズン2のあらすじ

ホープはハックに連れられてニューヨーク州のCRの拠点に入り、研究を続ける父レオに再会する。

拠点内では人々がキャンパス・コロニーよりさらに豊かな暮らしを送る。

サイラスはハックの夫デニスが運営し、CRにエンプティの被験体を供給する処理場で働く。

フェリックス、ホープはエルトン、パーシーとCRに協力する小さな共同体ペリメターで再会する。

ホープに母を殺されたことを知りわだかまりを覚えるエルトン以外の3人は、ペリメターの助けを借り、レオとホープを救い出すためにCRに投降する。

ハックはCRMがエンプティの仕業に見せかけて、飢餓を避けるためにオマハやキャンパス・コロニーを全滅させたことを知って困惑し、レオとホープの脱出を密かに助ける。

CRMの准尉ジェイディスがクーブリック中佐に代わって指揮を執り、レオの恋人の研究者のライラを信頼できない人物として処刑する。

ポートランド攻撃を準備する。

さらにペリメターの裏切りを知って全住民の処刑を命令するもデニスやサイラスが阻止する。

レオはCRMによる虐殺を伝え、科学者全員を連れて逃亡する。

アイリス、ホープ、フェリックスはビール少将の息子エルトンを人質に取り、ポートランド攻撃のためのガスを破壊しようとする。

ハックはついにCRMを裏切り、アイリスやホープに味方する。ハックはガスを破壊するも殺され、デニスもサイラスの助けで死に、サイラスは投降してCRMに加わる。

ジェイディスはクーブリック中佐を反逆罪で逮捕する。

科学者たちとホープはCRから離れて研究を続ける。

エルトンとホープはペリメターのアシャとポートランドに向かう。

引用:Wikipedia

「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」シーズン2のココが見どころ👀

ジェイディス登場

まず、全体的に考えると正直盛り上がりに欠けたかなぁと思いました。

特にジェイディスが登場するまでは、なんかな、、、って感じでした。

でもジェイディスが登場すると、やっぱ面白くなりましたね!

本家でリックを連れ去ってから何をしていたか?

会話の中でもそれってリックの事でしょ!?って言いたくなるような場面も!

「私は市民共同体に非常に価値があるものを与え、新しい人生を手に入れた」

ハックとの戦いの中でも会話でも「彼の命と引き換えに共同体に入った」とも。

この作品がリックが登場する映画のクリフハンガーとなると聞いていたので、リックも出てくれるかなぁと期待しましたが、残念!さすがに登場はしませんでした。

ジェンナー博士

そして、最後の最後にもウォーカー発生の起源と考えられるシーンも!

本家ウォーキングデッドシーズン1でCDCにいたジェンナー博士が残された記録映像でだが登場した。

ある女性が廃墟となった研究所を訪れ、ジェンナー博士が残した記録映像をコピーして映像を観ていると、謎の男性が登場し、フランス語で会話をした後、女性を射殺して去る。

女性はその後ウォーカーに転化していた。

部屋の壁には「死者はここで生まれる」と書かれているので、そこからウォーカーが発生していったと考えられます。

映像では「変異体のサンプルと送ってくれ」と言っていたので、フランスとアメリカで協力してウォーカーをなんとかしようと研究していたんでしょうね。

「変異体」とは何の事を言っているんでしょうね?

映像を見る限り、「いつかきっと我々が勝つ日が来るだろう」と言っているのでウォーカーはすでに発生しているので、フランスではウォーカーの変異体が発生しているのか!?

それとも普通のウォーカーの事なのか?

すべては映画版で分かると思われるので、かなり待ち遠しいですね!

それにしてもジェンナー博士は、ウォーキングデッドのシーズン1なんてかなり前に見たので忘れている人がほとんどだと思うので、きっと「この人誰!?」状態だったと思います。

自分も久しぶりにウォーキングデッドシーズン1第6話を振り返ってみました。

「フランスでも最後まで粘って研究をした」と発言していて、アメリカCDCと同じように電力がなくまるまで、粘り強く研究したけど、最後は、、、という話でした。

さて、フランスではどこまで研究出来ていたのか?

アメリカよりも研究出来ていたような印象でした。

ここでウォーキングデッドシーズン1第6話と繋がるなんて誰が想像したでしょうか?

かなり真相に迫ってきていて面白くなってきましたね!

ウォーキングデッドも変な争いよりも、発生起源に迫ってワクチン開発、事件解決まで進めて欲しいと思います。

ぶっちゃけるとこの作品のストーリーとしてはそんなに、、、なので、今回登場するメンバー達のお話は置いておいて、映画などに繋がる話の方が面白かったです。

でも最後にサイラスが共同体に入ったのは意外でした!

「ウォーキングデッド:ワールドビヨンド」を視聴するなら

この作品Amazonプライムビデオにて配信中です。

月額500円とお手頃価格で30日間の無料期間もあります。

※2020年10月時点での情報ですので、時期によっては配信が終了している場合もありますので、詳しくは公式ホームページをご覧ください。

Amazonプライムビデオに加入してすると、様々な特典がついて魅力たっぷりです。

そんなAmazonプライム会員になるとどんな特典がつくのか詳しく解説しています。

⬇️こちらも合わせて読んでくださいね⬇️

料金も特典も魅力的!Amazonプライム会員の料金と11の特典を一挙紹介!?

おすすめの記事