fullhouse

こんにちは、海外ドラマ大好き歴約20年hamuthithiです。

今回はシットコムの王道「フルハウス」を紹介します。

「フルハウス」は1987年から1995年に全8シーズンの全192話が放送されました。

小さい頃NHKで観て面白かった記憶がありましたが、続編のフラーハウスが出ることをきっかけにもう一度見始めました。

同じような人も少なくないのではないでしょうか?

観直して思ったことは「やっぱりタナー家は最高!」ってことです。

続編を見る前にこの記事を読んで「フルハウス」を一度整理しときましょうd( ̄  ̄)

関係性を整理することで「フラーハウス」がもっと面白くなりますよ!

ネタバレあります

「フルハウス」はこんな人にオススメ

・ファミリーコメディーが観たい

・家族で視聴したい

・シットコム作品が観たい

・1話あたりの時間が短い作品が観たい

・「フラーハウス」を観てみたい

「フルハウス」の評価

気になる「フルハウス」の評価をIMDb(インターネット・ムービー・データベース)で調べたところ、

6,7という評価でした。

「フルハウス」は難しい設定とかもないのですごく見やすく、家族で見るのにすごくうってつけで、筆者はもっと評価されてもいいんじゃないかと思いました。

この作品のおすすめ度 4.3 / 5 点

「フルハウス」のあらすじ

サンフランシスコに住むタナー夫妻には10歳のD.J.と5歳のステファニー、そして生後9か月のミシェルの3人の娘がいたが、不幸にも妻パメラが交通事故で亡くなってしまう。

夫ダニーは親友ジョーイと義弟ジェシーに協力してもらって、男手だけで子育てすることに。

ダニーはテレビ局でキャスターをしていて昼間は家にいないので、その間は、子供好きなコメディアンのジョーイと、エルヴィス・プレスリーを崇拝するミュージシャンのジェシーが子どもの面倒をみる。

3人の娘に手を焼きながらも、2人は次第に父親らしくなっていく。

シリーズ中盤にはジェシーの妻のレベッカ、2人の子供の双子・ニコラスとアレクサンダー、近所に住むD.Jの親友となるキミーとボーイフレンドのスティーブなどが加わり、タナー家はフルハウス(満員という意味。「父親が2人・娘が3人」という初期設定から、ポーカー役のフルハウスとも引っ掛けている)になっていくのだった。

「フルハウス」のキャスト

・ダニエル・アーネスト・タナー

https://www.instagram.com/p/B2hFj8AnbVh/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「ダニー」。

第1話の設定は29歳。

タナー家3姉妹の父親。

妻を交通事故で亡くしている。

朝の情報番組「おはようサンフランシスコ」のキャスター。

真面目で几帳面、異常なほど綺麗好き。

演:ボブ・サゲット

・ドナ・ジョー・マーガレット・タナー

https://www.instagram.com/p/B262usRl0B3/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「D.J」。

タナー家の長女。

第1話の設定は10歳。番組終了時は高校3年生。

ボーイフレンドと付き合っては別れるを繰り返している。

演:キャンディス・キャメロン

・ステファニー・ジュディス・タナー

https://www.instagram.com/p/B27QRl7Hpzn/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「ステフ」。

タナー家の次女。

第1話では5歳の設定。番組終了時は中学2年生。

姉のD Jに憧れ、ファッションなどよく真似をしていた。

運動神経がよく、野球チームの投手を務めたり、キレキレのダンスをたまに披露している。

演:ジュディ・スウィーティン

・ミッシェル・エリザベス・タナー

タナー家の三女。

第1話では生後9ヶ月の設定。番組終了時は小学3〜4年生。

ジェシーとの信頼関係が一番強く、ジェシーが結婚し家を出ていった際、タナー家に引き戻すきっかけとなった。

演:アシュレー・オルセン、メアリー=ケイト・オルセン

・ジョゼフ・アルヴィン・グラッドストーン

https://www.instagram.com/p/B5h5bBnHjct/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「ジョーイ」。

第1話では29歳の設定。番組終了時は37歳くらい。

コメディアンとしてテレビに出演したりしている。

ダニーとは小学5年生からの親友。

ダニーの妻が事故死したことで、タナー家の子供達の面倒を見る為、タナー家に引っ越してきた。

親友でもあるジェシーとはビジネスパートナーで二人でラジオやCMソングを作ったりした。

演:デイブ・クーリエ

・ジェシー・カツォポリス

https://www.instagram.com/p/B2hcqrVHODO/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

第1話では24歳の設定。番組終了時は34歳くらい。

ダニーの亡き妻パメラの弟でダニーとは義理の兄弟。

ジョーイ共々ダニーの妻が事故死して、子供達の面倒を見る為タナー家に引っ越す。

第4シーズンでレベッカと結婚し、双子を授かる。

本業はミュージシャンで、第5シーズンでCDデビューも果たす。

ジョーイと一緒に広告業やラジオの仕事をしたり、「スマッシュクラブ」のオーナーを務めたりしている。

演:ジョン・ステイモス

・レベッカ・ドナルドソン・カツォポリス

https://www.instagram.com/p/B3cSES6HtuI/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「ベッキー」。

ダニーと一緒に「おはようサンフランシスコ」の司会を務める。

第4シーズンでジェシーと結婚し、双子を授かる。

DJやステファニーにとってはお姉さん的存在。

演:ロリ・ロックリン

・ニコラス・カツォポリス、アレクサンダー・カツォポリス

https://www.instagram.com/p/CAfcA66HiEJ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「ニッキー」と「アレックス」。

ジェシーとレベッカの間に生まれた双子。

父親がプレスリーに憧れ、髪にこだわりを持っている為、髪はいつも長め。

演:ブレイク・トゥオミー=ウィルホイット

 ディラン・トゥオミー=ウィルホイット

・キンバリー・ルイーズ・ギブラー

愛称は「キミー」。

タナー家の隣人で、D. Jの親友。

足の臭さは神憑りレベルで、靴屋に要注意人物のチラシが出回るほど。

トラブルメーカーでタナー家から煙たがれていて、ダニーからD . Jに「なんで親友なの?」と言われるほど。

物事気にしないタイプに見えるが、意外と傷つきやすい。

演:アンドリア・バーバー

・スティーブン・ヘイル

https://www.instagram.com/p/B3Keeg0nFdM/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

愛称は「スティーブ」。

第5シーズンで初登場し、D. Jと付き合うが、第7シーズンで別れる。

DJが付き合った彼氏の中で一番登場回数が多い。

・コメット

https://www.instagram.com/p/B7JvzVDnkhB/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

第3シーズンから登場した一家の愛犬ゴールデン・レトリバー。

「フルハウス」のココが見どころ👀

全年齢が対象のファミリー王道ドラマ

この作品はどの年代でも楽しめる言わばファミリー王道ドラマです。

ジャンルとしてはコメディですが、仕事の問題や恋愛関係、結婚や学校の悩みなど家族や友人の大切さを教えてくれる暖かいメッセージ性のあるドラマです。

特に1997年から2007年まで(2度の再放送含み)NHKで放送していたという事で、その頃に子供時代を過ごした20~40歳くらいの年齢層で高い人気があり、みんながオープニングを口ずさめるほど。

ダニーの妻が亡くなり、三人の子供たちの子育てを手伝いにきたジョーイとジェシーがタナー家に同居するというなかなかないシュチュエーションではありますが、家族が増えることで家が満員になる、つまり「フルハウス」というのがタイトルに込められた意味となっています。

そしてその後ジェシーとレベッカも結婚し、双子が産まれ、ますます「フルハウス」状態に。

人も多けりゃトラブルも多い、、、毎回繰り広げられるドタバタコメディは、今見てもやっぱり面白く、家族でぜひ観てほしいなって思います。

それに加え、8年続いた番組ということで、例えばDJは始めは10歳だったけど番組終了時は18歳になっていて、その成長を観ているのも親心目線で楽しめます(*'▽')

待望の続編に期待!

あれから20年の時を経て、待望の続編が登場。

残念ながらシーズン5で終了みたいですが、またみんなに会えるので「フルハウス」を見た人はぜひ観て欲しいですね。

この映像を観ただけでワクワクが止まりませんね(*'▽')

「フルハウス」を視聴するなら

この作品はNetflixにて視聴出来ます。

料金プランは以下のようになっています。

注)他の動画配信サービスのように無料期間はありません。

☟合わせて読みたい☟

動画配信サービス(VOD)を6社契約してみた感想・徹底比較!?結局どこがオススメ?

おすすめの記事